​不動産査定をどこに依頼すべきか 簡単にできるオンラインの売却一括査定

不動産の売却は、通常、自分ひとりで行うことはできない。

近隣で偶然あなたの不動産を買いたい人が名乗りでるなど、極めて稀有なケースを除いて、通常は専門の不動産会社に売却の依頼をするのが正攻法だ。

不動産会社に依頼をする際には、まずあなたの不動産の価格を査定してもらうことから始まる。この査定価格にあなたが納得し、売却を進める決意を固めれば、不動産の売却に向けた具体的な販売活動が動き出すことになる。

しかし、ここで多くの人が直面する問題は、どこの不動産会社に価格査定を依頼をすればよいのかが分からないというものだ。

価格査定を依頼した不動産会社とは、その後の売却活動においても継続的に付き合う可能性がある。能力があり誠実な不動産会社と付き合うことは、売却活動の成否を左右するための重要な要素なのだ。

世の中にはたくさんの不動産会社が存在し、選択肢は無数にある。あなたが所有するその不動産を購入したときの仲介会社に依頼するというのもひとつの手だろう。あるいは、とりあえず大手の不動産仲介会社に依頼するというのも一般的かもしれない。

いずれにしても、ひとつだけ心に留めておかなければならない注意点がある。それは、必ず、複数の不動産会社に依頼をすべきであるということだ。

複数の不動産会社に査定を依頼する意義

不動産売却の価格査定に際しては、複数の不動産会社に依頼を行うべきである。その理由は、次に挙げる通りだ。

1) 査定価格の「比較」ができる

2) あなたの不動産の「需要」が分かる

これらはいずれも、売却活動の初期段階においてしっかりと把握しておくことが重要だ。あなたが所有する不動産のことをより深く知るために、複数の専門家による具体的な意見が役に立つ。

以下、順番に説明していこう。

1)査定価格を比較する

不動産会社から査定価格の提示を受けたときに、あなたはその査定価格が相場を正しく反映しているどうかを適切に判断することができるだろうか?

おそらく、困難なはずだ。多くの人にとっては、不動産売却は初めての経験である。予備知識もほとんど無いのが通常だ。だからこそ、不動産取引の専門家である不動産会社に価格査定を依頼するのである。

しかし、査定された価格の正しさを判断するためには検証材料が必要だ。それがなければ、不動産会社の言われるがままに提示価格を受け入れることとなってしまう。

万が一、不動産会社の提示してきた査定価格が相場を外していたらどうなるだろうか。価格が高すぎれば買い手はなかなか現れずにあなたの不動産は野ざらしとなり、安すぎれば本来得られたはずの利益を逃してしまう。いずれにしても、売却活動全体に深刻な悪影響を及ぼしてしまうことは想像にかたくない。

それだけ重要な価格査定だが、実は不動産会社の査定価格が本当に「正しい」かどうかを見極めるのは一筋縄ではいかないのだ。

査定価格は予測にすぎない

査定価格とは、不動産会社が算定する価格である。

不動産会社はあなたからの依頼を受けると、過去の事例や一定の手順に従って対象となる不動産の価格を査定をすることとなる。

しかし、査定価格はあくまで不動産会社の担当者が見積もった参考意見にすぎない。なぜならば、最終的な取引価格を決定するのはその不動産を購入する買主であり、不動産会社ではないからだ。不動産会社の提示する査定価格は、相場にもとづいて計算された予測値としての意味合いしかもたない。

また、依頼する不動産会社によって査定価格には違いが生じうる。なぜならば、実際に査定を行う担当者の判断が異なれば、算出される価格も異なるからだ。

例えば、査定を行う不動産会社にどれだけ取引事例のデータの蓄積があるかによって価格の精度は違ってくる。また、どれだけ対象エリアにおける需要の強さを理解しているかによって、値付けの着眼点も変わってくるだろう。

ひとつの不動産を評価対象としてもその査定価格は必ずしもひとつの金額に一致するものではなく、評価者によって複数の異なる意見が生じうる。そのため、ひとつの意見だけに依拠して価格を決めてしまうのは、いささか早計であると言わねばならないのである。

複数の査定価格の「幅」で相場感をつかむ

よって、複数の不動産会社に価格査定を依頼することで、価格の比較検証を行う必要がある。

複数の不動産会社に依頼をすると、各社はそれぞれに定められた基準に従って価格を算出する。不動産の価格にはおおまかな相場というものがあるから、各社から提示される査定価格はある程度まとまった金額の範囲内に収まるのが通常だ。それでも、高い査定価格と低い査定価格との間では2割程度の金額差がでることも珍しくない。

繰り返すが、査定価格はあくまでも目安でしかない。よって、この金額に一喜一憂しても仕方がない。しかし、ここで得られた価格がある程度似たような金額でまとまっているのであれば、それはあなたの不動産の相場価格を適正に表している可能性が高い。逆に、各社で金額がバラバラであれば、その不動産を取り巻く市場では相場があまり定まっていない可能性がある。この場合には、ある程度広い幅をもって売却価格をイメージしておく必要があるだろう。

なお、不動産の査定価格は、一般的に相場よりすこし高く提示される傾向がある。このような事情から査定価格についてはあるていど金額を割り引いて考えなければならない場合がある。

いずれにしても、複数の不動産会社からの査定を受けることによって、得られた査定価格を比較検証することができる。一社のみに依頼した場合にはこうした検証ができず、運が悪ければ相場を大きく外してしまうリスクもあるため、価格査定は必ず複数の不動産会社に依頼するようにしよう。

2)不動産の需要を知る

複数の不動産会社に査定を依頼することの意義はもうひとつある。需要の把握である。

あなたの不動産には、どんな需要があるだろうか?

不動産の需要は、一般の商品とは違って様々な要因が絡みあって決定される。不動産の買い手は単に「住みたい」という人ばかりとは限らないのだ。

例えば、あなたの売ろうとしている不動産が古い一戸建てだった場合を考えてみよう。

もちろん、いまの家にそのまま住みたいと考える人もいるだろうが、買主によっては内装を大規模にリフォームする前提で古屋を探している人もいるかもしれない。あるいは、既存の建物は取り壊して建替えすることを前提で買いたい人だっている可能性がある。

自分で住むばかりではなく、他人に貸して賃貸物件にしたいという買主もいるかもしれない。また、土地が広ければ、区画分割をして宅地分譲をしたいという業者が現れることだってある。

上記の例では、もし家を使いたいというお客さんが有力なのであれば、あらかじめ劣化部分の簡単なリフォームを行っておくことは高額売却のために効果的かもしれない。しかし、もし取り壊して建て替える需要が大きいのであれば、せっかくリフォームをおこなってもその出費はまったくの無駄になってしまう。

買い手の需要に応じた売却戦略をたてることが重要なのだ。

不動産は、さまざまな目的や使い方を想定することができる。そして、最も需要の大きいターゲット層を狙って売却活動を進めることが、価格の面でもスピードの面でも不動産売却の成功につながるのである。

異なる複数の視点から需要に関する意見をあつめる

不動産会社に依頼する価格査定は、あなたの不動産にどんな需要があるのかについて、専業の不動産会社にアドバイスをもらえる貴重なチャンスだ。しかも査定依頼は無料である。この価格査定を通して、自分だけで相場調査をしていては得られなかったはずの新しい発見や着眼点を得られるかもしれない。

不動産会社は、数々の取引を行う中で、各エリアごとの不動産需要を熟知している。よく地元の不動産会社が強いと言われるのはこういうところで、そのエリアにどんな不動産需要があるかを現場目線で詳しく知っているからこそ、不動産の売却にあたって適切な戦略を立てることができるのだ。

不動産査定を依頼すると、価格算定の過程の中でこうしたエリアにおける不動産の需要が検証され、依頼主であるあなたは金額査定の根拠としてその内容を教えてもらうことができる。

不動産会社によっては得意不得意もあり、また抱えているお客さんの属性も異なることから、不動産会社ごとに多様な意見が出てくるかもしれない。

こうしたアドバイスを複数の不動産会社からもらうことによって、あなたはこれから売却する物件の需要について様々な角度からより深く知ることができる。こうした機会は十分に活用しなければもったいない。

これによって、普通に見ていては知りえなかったあなたの不動産の潜在的なポテンシャルを理解することができ、売却活動の可能性の幅を広げることができるのだ。

複数の不動産会社に対して効率的に依頼をする方法

以上で、複数の不動産会社に依頼することの意義をご理解いただけたのではないかと思う。

おさらいすると、複数の不動産会社に依頼することの意義は下記の2つだ。

1)査定価格を比較検証するため

2)あなたの不動産の需要を知るため

しかし、不動産の査定を複数の不動産会社に対して個別に依頼することは、思いのほか手間がかかる作業だ。

駅前の不動産店を1件ごとにまわって物件の概要や売却経緯・目的などをいちいち説明して歩くのは、たいへん骨のおれる作業である。インターネットのHPで査定依頼を受け付けている不動産会社もあるが、各社のHPでそのつど依頼主情報や物件情報を入力していくのも、やはり面倒な作業だといわざるをえない。

そこで、筆者は「不動産一括査定サービス」を利用することをおすすめしている。このサービスを使うと、手間をかけることなく効率的に複数の不動産会社に査定依頼をすることができる。

不動産売却一括査定サービスを利用するメリット・デメリット

「不動産一括査定サービス」とは、不動産の査定依頼を複数の不動産会社に対して1回の作業で行うことができる便利なサービスだ。

その目的は、不動産の売主と不動産会社とのマッチングにある。売主は自分の不動産の価格相場を効率良く知ることができると同時に、よい不動産会社と出会う機会を得ることができる。反面、不動産会社からすると、不動産を売却したいという潜在的なお客さんを見つけることができるのだ。

では、この「不動産一括査定サービス」は、従来型の個別の査定依頼と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのだろうか。

​メリット1)手軽に複数社に査定依頼をすることができる

不動産一括査定サービスのメリットは、なんといっても手軽に複数の不動産会社に査定依頼をできることにある。

不動産の売却査定をお願いするのに、町の不動産屋さんの店舗を個別に訪問して説明をするのはかなりの手間と時間がかかる。おまけに、多くの不動産店はなんとなく入りづらい雰囲気を醸し出しており、気軽に頼むには心理的な抵抗感があるかもしれない。

この点、不動産一括査定サービスでは、オンラインで簡単に査定依頼をすることができる。申し込みフォームに入力すべき情報は、依頼主情報と対象不動産の概要だ。売りたい不動産の概要がきちんと分かっていれば、入力自体はものの数分で完了する。

なお、不動産の概要は、事前に情報を整理しておく際に多少の手間があるかもしれない。しかし、これは不動産の売却検討にあたっては最低限必要な作業なので、まだ不動産の基本情報が整理されていない場合にはこの機会に確認しておくことをおすすめする。

また、不動産一括査定サービスにおいては、もちろん正確な情報を入力することが望ましいが、実際には物件所在地さえ間違っていなければ、面積や築年数などの細かい情報は不動産会社が独自に調べて確認することもできるので、入力内容の正確性にあまり神経質にならなくても問題ない。

こうして査定依頼を出しておけば、あとは待つだけで査定結果が返ってくる。こうした手軽さと早さは不動産一括査定サービスの最大のメリットといえるだろう。

メリット2)不動産会社に丸め込まれるリスクが小さい

ふたつめのメリットだが、不動産一括査定サイトは、依頼手続きがオンラインで完結する。そのため、実際の不動産店舗を訪問する必要がない。これは、不動産会社の「雰囲気」に飲まれることがないという点で、大きなメリットである。

町の不動産店は、不動産会社の営業所である。いちど足を踏み入れたら、どうしても相手の話を最後まで聞かなければならない状況になってしまう。途中で気が変わったからといって、気軽に席を立つようなことができる雰囲気ではない。

そんな状況だから、言葉巧みな営業トークによって話がどんどん進んでいき、気がついたらその場で不動産売却の専任媒介契約まで結ばされてしまっていることもある。専任媒介契約を結ぶと、もはや他の不動産会社に並行して依頼することはできないから、少なくとも契約期間中(通常3ヶ月)はその不動産会社に依存するしかなくなってしまう。

不動産会社も営業だ。不動産会社の担当者が、来店してくれたお客さんからはすぐにでも売却依頼を取り付けたいと考えるのは当然といえよう。

しかし、これではあなたの側に冷静に考えるゆとりがない。ちょっと話を聞くだけ、という気軽な気持ちで相談することができない。

一方で、不動産一括査定サイトでは、依頼の手続きはすべてオンラインで完了し、不動産会社からの回答も希望すれば対面なしのメールや電話、郵送だけで完結する。つまり、不動産会社の店舗に出向く必要がない。

すべての判断を自宅にいながら遠隔で行うことができるため、雰囲気に飲まれて不動産会社に丸め込まれる危険性が小さいのが不動産一括査定サービスのメリットだ。

不動産会社からしつこい営業を受ける可能性はあるのか

不動産一括査定サービスは売主と不動産会社とのマッチングだと先に述べた。すると心配になるのは、しつこい営業を受けることはないかということだろう。

結論からいえば、迷惑な営業は基本的にないと言ってよい。なぜならば、不動産会社の目的は売却依頼を受けることであり、もしあなたに不快に思われたりしたら、依頼を受けることなど到底できないことは彼らも十分に分かっているからである。

また、あなたが不動産をすぐに売却するつもりがないのであれば、その旨をはっきりと伝えればよい。不動産会社は、将来また声をかけてもらえる可能性のある見込み客に対して無作法な真似はしないし、そもそも彼らとしても「売らない」というお客さんに対して必要以上に無駄な時間を使う意味もない。

とはいえ、不動産会社との間で価格査定に関するやりとりは多少は発生するだろう。熱心な担当者ほど、査定申込みの後すぐにメールか電話による連絡をしてくるはずだ。この場合、必要な連絡事項については普通に対応するのがよい。

あなたの不動産が魅力的であればあるほど、不動産会社の営業には熱が入るかもしれない。しかし、筆者はこれをデメリットとは考えていない。営業が熱心であるということは、あなたの不動産に需要があることの証明でもある。この場合、あなたは魅力的な不動産のオーナーとして不動産会社との関係で交渉上優位に立てるだろう。客として毅然とした態度で望み、言いたいことははっきりと言ったらよい。

また、逆説的だが、しつこい営業ほど能動的で情報収集能力が高い可能性もある。もちろん、感じの悪い担当者は問題外だ。しかし、あなたから見て丁寧で感じがよいと思った担当者は、反対に買主からみても感じがよいと思われる可能性がある。コミュニケーション能力が高く熱心な担当者にあたった場合には、売買取引がスムーズに進む可能性があるということだ。

いずれにしても、あまり営業を恐れる必要はない。しつこく迷惑な営業行為は不動産会社にとっても何の得もないことであり、評判を落とす結果にもつながる。いまどきそんな不毛な営業を行う会社は滅多にないのだ。

不動産売却一括査定サイトの選び方

不動産の一括査定サービスは、オンラインに多数存在する。現在ははっきりいって玉石混交で、大小さまざまな事業者が不動産一括査定サイトを立ち上げている。筆者は、将来的には一部の有力なサイト以外は淘汰されていくはずだとみている。

では、数あるサイトの中で、どの不動産一括査定サービスを選ぶのが良いのだろうか。ここでは、以下の2点に着目して選ぶのがよい。

1)運営会社の信頼性

2)不動産会社との提携範囲の広さ

ある意味当然のことかもしれないが、念のため簡単に説明しておこう。

運営会社の​信頼性

不動産の売却査定依頼にあたっては、ウェブサイト上で必要事項を入力しなければならない。主な入力内容は、依頼主であるあなたの連絡先と、売却対象となる不動産の物件情報だ。

いずれも、個人情報である。よって、個人情報がしっかりと管理されている信頼性のあるサービスを利用すべきだ。

サービスの信頼性を判断するには、そのサービスの運営会社を確認するのがてっとり早い。大手の有名な会社が関わっているサービスであれば、小規模な新興事業者と比べてより適切に個人情報が管理されているはずだからだ。また、万が一なにかあったときでも、大手のサービスの方が責任ある対応をとってくれる可能性が高い。

提携対象範囲の広さ

不動産会社の提携範囲の広さも重要だ。より多くの不動産会社の中から査定依頼先を選べた方がよいのは言うまでもないだろう。基本的には提携会社の数は多いに越したことはない。

また、対応エリアも確認しておこう。サイトによっては、一部の地域限定のみで対応しているものもある。

基本的には、オンラインサービスであるにも関わらず地域限定であるというのは、単に不動産会社との提携が不十分であるか、運営会社の対応能力が不足している場合が多い。そのため、特段のこだわりがなければ全国対応のサービスを選んでおけば間違いない。

筆者がおすすめしている不動産一括査定サービス

上記の観点から、筆者は「HOME4U」という不動産一括査定サイトをおすすめしている。

「HOME4U」は、NTTデータのグループ会社が運営する不動産一括査定サービスだ。不動産一括査定サイトの運営は小規模の事業者によるものが多いなか、NTTグループの信用力は他を圧倒している。NTTデータは通信やシステムを本業としている企業であることから、情報セキュリティの信頼性も十分に高いはずだ。

また、提携している不動産会社数は厳選された550社とされている。サービス提供地域は全国で、これだけの数の候補があればあなたの不動産が所在するエリアの市場動向を熟知した会社が見つかる可能性は高い。

決め手は、やはり信頼性だ。運営会社の実態がはっきりしているサービスを選ぶことは、オンラインのサービスを利用するうえでは鉄則といえるだろう。