路線価図の見方について

路線価図は、国税庁が発表しているものが公式ですので、下記のサイトに掲載されている路線価図を前提として、見方を説明します。

財産評価基準書│路線価図・評価倍率表

路線価は、その道路に面している土地の価格を評価するものです。路線価図においては、図の矢印の範囲の道路に面している土地の評価額が、金額で記載されています。

なお、路線価は1㎡あたりの単価で記載されています。

また、金額の単位は1,000円です。よって、路線価が「270B」と書かれていれば、その道路に面する土地の路線価は、1㎡あたり270,000円となります。

この単価に土地面積をかければ、路線価を基準とした土地全体の評価額を算出することができます。

なお、数字の後に記載されているアルファベットは、借地権割合と呼ばれるものです。路線価として記載されている金額は土地が所有権である前提ですが、これが借地権であった場合には、所有権の場合よりも価値が低くなりますので、その度合いを表しています。

凡例によれば、Aなら90%、Bなら80%、Cなら70%……、というふうに決められています。路線価にこの割合をかければ、借地権の場合の路線価を算出することができます。

なお、ひとつの土地が複数の道路に面している場合には、路線価は原則として一番高いものを採用します。ただし、一番高い道路に面している間口が他の道路に比べて極端に狭い場合などは、より実質的な前面道路の路線価を採用する場合もありますので、注意が必要です。