相続税路線価とは

相続税路線価とは、土地の評価額のひとつです。

相続税路線価は、本来は相続税の税額を計算するための基礎となる価格なのですが、土地の価値を評価する場合においても参考として役立ちます。

相続税路線価は、国税庁により毎年7月1月1日時点の価格が公表されています。

市街地の道路においては、その道路に面している土地について、評価額が設定されています。道路を基準として算定されている評価額なので、路線価というわけです。

一般的には、大通りに面している土地ほど評価が高く、裏通りや細い道にだけ面しているような土地は評価が低くなります。路線価は、そうした土地の特性を反映しています。

路線価は、1㎡あたりの単価として定められています。そのため、土地全体の評価額を算出するためには、路線価に土地面積をかける必要があります。

路線価により得られた土地の評価額は、土地の時価を表しているわけではありません。路線価は、土地の公示価格の80%程度になるように算定されています。これは、相続税負担を軽減するための政策的配慮です。

このため、土地の公示価格の水準を知りたい場合には、路線価を80%で割り戻せばよいことになります。

なお、路線価は、市街地以外のエリアでは設定されていない場合があります。この場合には、評価倍率表というものを用いた別途の評価方法で相続税が算出されますが、この場合にはかなり大雑把な価格評価となるため、土地価格の参考としては使いづらくなります。

路線価のある地域においては、相続税路線価は土地価格のひとつの参考となりますので、価格査定にあたっては事前に調べておくとよいでしょう。