評価倍率表とは

評価倍率表とは、相続税の計算において、路線価の代わりに使用される評価基準です。

路線価は道路について評価額が割り振られていますが、全国のすべての道路について路線価額が算定されているわけではありません

特に、農村や山林の地域については、道路のひとつひとつに路線価を設定することが行政事務的にも合理的ではない場合があります。こうした場合には、評価倍率表という形で、ある地域をまとめて一律の評価ができるようになっています。

市街地と比べて、道路の沿線による価値の増減が大きくないからこそ、こうした運用がなされているわけですね。

評価倍率表は、下記のサイトで閲覧することができます。

財産評価基準書│路線価図・評価倍率表

評価倍率表においては、一般に、固定資産税評価額を基準として、これの何倍を相続税の評価額とする、といった計算がなされます。固定資産税評価額に対する倍率で相続税評価額が決定されるため、評価倍率表という名称になっているわけです。

評価倍率表によって得られる評価額は、路線価ほどには特定の土地の価値が反映されているわけではありません。よって、あくまで得られるのは、地域の価格水準の目安になる程度の評価額ということになります。